テイタン裁判情報サービス

裁判情報を与信管理に活用しませんか?

ネットにはない裁判情報にて法人が関わるトラブルをキャッチ。

テイタンは裁判情報で貴社の与信調査、与信管理の強化をお手伝いいたします。

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00-18:00
☎03-3564-1351

裁判情報で行う与信管理とは・・・

裁判は、東京だけで毎日数百件、年間で数十万件も開廷されています。裁判に関わっている法人の情報により、対象となる法人がトラブルに関わっていた経歴がないか、現在関与していないか、問題がないかを確認することができます。取引先や業務委託先、提携先などの法人が関わる裁判情報を知ることで、与信管理に活用頂けます。

裁判が起きている = 何かトラブルが起きている!

新規取引先の与信チェックに

対象企業が損害賠償請求などを起こされている場合、対象企業のサービスに問題がある可能性があります。また、裁判が通常よりも多いような企業になるとトラブルになりやすいといった可能性が考えられます。さらにプラスアルファの反社チェックにも有用です。

取引先の未回収リスクの把握

対象企業が複数の法人から金銭に関する請求を起こされている場合、対象企業が財務的問題を抱えている可能性があり、取引に売掛金未回収のリスクがある恐れがあります。さらに対象企業が敗訴、損害賠償金が高額の場合、対象企業の経営に響くこともあり、倒産や未回収のリスクに繋がる恐れもあります。


プラスアルファの与信管理

裁判情報をもとに記録閲覧などを行うと、さらに詳しい係争内容などの把握が可能です。どのような経緯でトラブルとなっているのか、損害賠償金はいくらほどなのかなど様々なことを確認することが可能です。


裁判情報の特長

ネットには出回っていない情報

裁判情報は公開情報ですが、ネットなどでは出回っていないクローズドな情報になります。取引先や業務提携をしている企業などがトラブルに巻き込まれていないかを確認・調査するのに役立ちます。公開情報が少ない中小企業やベンチャー企業の調査などにもおすすめです。


取引先企業をお任せモニタリング

最初にモニタリングされたい法人名をキーワードとして登録頂ければ、その後は裁判情報の該当があればテイタンからお知らせします。キーワードの追加・削除はご契約中いつでも承ります。(裁判情報アラートサービス)


データチェックから二次・三次調査が可能

対象法人が該当した裁判情報から、更なる裁判情報の詳細や企業情報を調べたい場合、テイタンが現地調査を承ります。直接裁判所に出向き、裁判記録を閲覧し報告書を提出致します。さらに関与した企業や経営者などのヒアリング調査や現地に赴いての調査を行うことも可能です。


裁判情報サービス一覧

過去の裁判データを調べたい

裁判情報サーチ

裁判情報サーチは、指定された法人名が過去に裁判事件に関わっていないかを検索できるサービスです。新規取引先や提携先、委託先などの企業が過去に問題がなかったか、今現在トラブルに巻き込まれていないかを裁判情報から事前に調べることができます。

これから起こる裁判の情報をスピーディに把握したい

裁判情報アラート

裁判情報アラートは、登録された法人名が裁判事件に関わっていないかを定期的に検索するサービスです。登録された法人名が裁判事件へ関与していると該当があれば弊社からご報告。取引先などを継続的にモニタリングすることで、リスク管理に役立てることができます。

さらに詳しく調べたい

裁判記録閲覧サービス

裁判情報サーチやアラートから取得した裁判情報から、更なる裁判の詳細や企業情報を調べたい場合、テイタンが現地調査を承ります。直接裁判所に赴き、対象企業が関わった裁判事件についての裁判記録を閲覧。裁判の係争内容や提出された証拠類、次回開廷日、判決などを確認し、レポートにまとめて提出致します。

自社システムに裁判情報を連携したい

裁判情報APIサービス

貴社のシステムとテイタンの裁判情報システムをAPIにて連携、テイタンの裁判情報をリアルタイムに取得することが可能です。

裁判情報サービス利用事例

取引先に金銭トラブル発生!倒産の危険を事前に察知!

中小企業と多く取引のあり、取引先企業数十社の法人名をアラートでご登録されていたA社様。その登録企業の一社が、「違約金請求」、「利用料支払請求」で別企業から訴えられたことがモニタリングにて判明。A社様は早速当該企業との取引を見直しされた。その企業はその数か月後から、頻繁に裁判事件に関与するようになった。裁判内容は、前述の他に「賃料請求」、「建物明渡請求」等、複数の企業から主に金銭に関わる事件で訴えられており、倒産が予想される。

取引前に裁判情報をチェック。反社会的グループ疑惑が判明!

自社のサービスを利用される企業を、契約締結前に裁判情報サーチにて検索。取引前の与信チェックとしてサービスを利用されていた。その中で、ある飲食店を営むS社が複数から「損害賠償請求」を起こされていることが発覚した。詳しい事情を知るために、さらに「裁判記録閲覧サービス」を弊社にご依頼いただき、裁判内容を調べることに。すると、複数の団体・人物より詐欺会社として訴えられていることが記載されており、さらに代表取締役が偽名であることなども判明した。

よくあるご質問

現在は、東京高等裁判所、東京地方裁判所、東京簡易裁判所になります。尚、東京高等裁判所は110県の範囲をカバーしております。(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨、長野、新潟)

裁判情報サーチは対象となる法人が過去に裁判に関わっていたことがあるかを検索します。取引前の与信チェックにご利用頂けます。 裁判情報アラートは対象となる法人が現在裁判に関わっている裁判があるかを検索します。既存の取引先のモニタリングとしてご利用頂けます。
出来ません。検索できるのは日本国の機関、法人、その他団体(一部)になります。個人の調査に関しては、別途お問い合わせください。
2019年4月から現在までに開廷された裁判の検索が可能です。

基本は5営業日になりますが、裁判所の都合により納期が延びる可能性がございます。尚、刑事事件の場合など裁判事件の内容によって記録が閲覧ができない事件もございますのでご了承ください。

下記よりお問い合わせください

株式会社テイタン

☎03-3564-1351(平日9:00~18:00)

裁判情報サービス担当