弁護士対談コラム  ―企業間取引における与信管理の重要性と方法―

 

 

※本コラムは法律情報サイト「Legalus(公式サイト https://legalus.jp/)」ご協力のもと掲載しております。

 

企業間取引における与信管理の重要性と方法について

 

大手企業・中小企業のみならず個人事業主との取引も増える昨今。

『取引先の反社会的勢力調査とは?』『個人事業主の与信調査で注意する点は?』などにお悩みではありませんか。

多種多様な相手先との取引開始・継続を検討する上での注意点や、第三者機関による調査の有用性について、虎ノ門法律経済事務所 日向寺司弁護士お話を伺いました。

今必要な与信管理の基礎を2回にわたり掘り下げます。是非ご覧ください。

 

目次

 

・個⼈事業主と取引する上での与信管理において、重要な点を教えてください。 

・反社会的勢⼒と関係している疑惑が出た場合、取引前に回避する⽅法と取引を続けることの法的なリスクがあれば教えてください。

・取引先の反社会的勢⼒調査(いわゆる反社チェック)について教えてください。

・第三者機関を介した与信調査の有⽤性とは? 

 

 

↓↓記事の閲覧はこちらのバナーから(法律情報サイト「Legalus」へ遷移します。)↓↓

(遷移先URL:https://legalus.jp/corporate_legal/crisis_management/ed-4192

 

 

 

Related Articles関連記事

 

 

調査で貴社の与信管理のお手伝いをいたします。

お気軽にお問合せください。

以下のフォームからお申込みいただくと、更新情報をメールにてお知らせいたします。

メールマガジンのご登録はこちら

ナレッジ