テイタン×リスクモンスター業務提携 これからの与信管理を見据えた業務提携の背景について

リスモン_テイタン_対談

 

両社の与信管理サービスの特徴について教えてください。

 

リスクモンスター(以下、リスモン)当社は、日本最大級の企業データベースを保有し、定期的なロジック改定と専門アナリストによるチェックによって、精度の高いRM格付などの与信判断指標を与信管理サービスにおいて提供しています。与信管理サービスでは、新規取引先の初期判断から既存取引先のモニタリング、取引先全体に対するポートフォリオ分析、保証などの金融サービスまで、与信管理全般において利用可能な幅広いラインアップを提供しています。

 

テイタン当社では、探偵業をベースとした個々の案件に特化した信用調査を得意としております。お客様が調査されたい内容やお悩みをお聞きしたうえで、当社が得意とするデスク調査、聞き込み調査、現地調査、行動調査などを組み合わせ、最適な調査プランをご案内し、提供させていただいております。

 

最近両社は提携しましたが、なぜ提携することになったのでしょうか?

 

リスモン当社は、与信管理サービスを中心にサービス展開していますが、当社サービスと親和性の高いサービスを展開する企業と積極的に提携することで、新たなサービスの開発や提供に取り組んでいます。

テイタンさんは、100年以上の歴史のある信用調査会社として「個人信用調査」に定評がありますので、両社が提携することで付加価値が高く専門性に優れたサービスの提供につながるものと考え、業務提携を行うことにしました。

 

テイタン両社とも与信に関わるサービスを提供している企業ではありますが、与信における調査の立ち位置には違いがあります。リスモンさんが定量的なデータの分析やその他包括的な与信サービスの提供を強みとされているのに対して、当社は個々の案件に特化した質的・定性的な情報収集を行うことを得意としています。

リスモンさんで提供されている与信サービスに、当社の調査を組み合わせてご利用いただくことで、さらにお客様に安心をお届けできるのではないかと考え、業務提携を行うことにしました。

 

テイタン吉村

 

リスモンがテイタンの提供する「個人信用調査」の紹介を開始した理由を教えてください。

 

リスモン当社の既存の信用調査サービスは企業に対する信用調査になりますが、企業を構成する「個人」に対する信用調査においても関心が高まってきていることから、個人信用調査の紹介を開始することにしました。

 

テイタンリスモンさんにおっしゃっていただいたとおり、当社で提供させていただく個人信用調査は、経営者や役員などの「個人」に焦点を当てたレポートとなっております。与信管理において「個人」の調査を深く行って提供している与信サービスはあまり多くありません。弊社では調査を長年提供させていただいている中で、今日、リスモンさんからも個人調査ニーズが多くあるというお声をいただき、弊社から個人信用調査を提供させていただく運びとなりました。

 

テイタンがリスモン会員向けに提供している「個人信用調査」の内容について詳しく教えてください。

 

テイタン先ほど述べたとおり個人信用調査は、「個人」を調査する信用調査となります。具体的には個人に関する事件事故歴、その他風評や反社チェックなど、企業に対して行う与信チェックの個人版となります。リスモンさんと提携させていただいている個人信用調査は基本的にデスクで行う調査で構成しておりますが、ご要望があれば聞き込み調査や行動調査といった探偵業ならではの調査深度の大きい調査も組み合わせてご提供させていただくことが可能です。

 

与信管理のうえで、なぜ「個人信用調査」を行うべきなのでしょうか?

 

テイタン個人を知ることが会社全体を知ること、ないしは更に深く知ることに繋がるからです。

まず、個人の調査の重要性が高い場合として、中小企業やベンチャー企業の調査があります。これらの企業は上場企業と比較して、与信に関わる情報が一般的に少なく、普通の与信サービスでは満足に情報が得られないという場合が多くありますし、規模の大きい企業に比べ経営者や役員などの「個人」の影響力が大きい傾向にあります。個人の調査を行い、企業にとっての重要人物の与信情報を把握することは取引時の与信管理に重要となってきます。

 

他には、慎重な取引を行いたい場合です。規模の大きな取引や投資先、業務提携先との契約など通常の取引に比べて慎重に行うべき与信調査において、さらに情報が欲しいということがあるでしょう。その時に弊社の個人信用調査をご利用いただくことによって他の与信調査とは違った側面からの与信情報を入手することが可能となります。

企業取引におけるさらなる安心のために個人信用調査をぜひご活用いただければと考えております。

 

リスモン川本様

 

働き方改革の進展に伴って企業の与信管理に変化はありましたか?

 

リスモン企業においてテレワークが普及する中、営業担当者が取引先を直接訪問する機会が減ったことで営業現場から与信管理担当者に取引先情報を共有する機会が減少しています。そのため、当社などの外部企業が提供する与信管理情報や信用調査を利用して情報を補完し、与信判断を行うことが重要となっています。

 

テイタンリスモンさんのおっしゃるように、オンラインでの商談が増えた事で取引先のオフィスの状態や担当者の雰囲気など、肌で感じるような情報を得ることが難しくなりました。そのためしっかりとした外部調査による情報収集が与信判断に必要となってきています。

 

近年、いわゆる「反社チェック」への関心が強まっていますが、企業における「反社チェック」の利用状況はいかがでしょうか?

 

リスモン取引先の与信判断と同時に反社チェックもしたいという企業が増えています。当社の会員では、取引先の信用格付を検索する時に2割を超える会員が反社チェックを同時に実施しており、この割合は今後もさらに高まっていくことが見込まれます。

 

テイタン当社にも反社チェックのお問い合わせは増えています。反社チェックは周知のとおり、白か黒かという話ではなくその与信判断が難しいものです。当社では深い調査が可能なので、最終判断の材料としてご利用いただくケースが比較的多いです。

 

これからの与信管理について教えてください。

 

リスモン経済情勢の先行きが不透明な中、企業において与信管理の重要性はますます高まっています。企業が自社で保有している取引先情報に加えて、テイタンさんや当社などの外部サービスを活用することで、与信管理の強化や経営の安定化に寄与できれば、私どもとしては大変うれしく思います。

 

テイタン経済環境や法改正、時流などによって企業与信のあり方も常に変化していく中、通常業務の傍らで与信管理を行うことは非常に大変です。そんな時、リスモンさんや当社などの専門企業が、企業のリスクマネジメントのお手伝いをさせていただくことに強い意義を感じています。

 

ありがとうございました。

 

 

Related Articles関連記事

 

 

 

調査で貴社の与信管理のお手伝いをいたします。

お気軽にお問合せください。

以下のフォームからお申込みいただくと、更新情報をメールにてお知らせいたします。

メールマガジンのご登録はこちら

ナレッジ