裁判情報調査

活用場面

取引先・業務提携先・投資先の与信チェックを強化したい。

新規の取引前に相手先企業がトラブルに関わっていないか確認したい。

取引先企業がトラブルに関わっていないかモニタリングしたい。

取引前に相手企業が関わっている裁判について詳しく知りたい。

企業の与信データとして裁判情報を活用したい。

 

裁判情報とは

裁判は、東京だけで毎日数百件、年間で数十万件も開廷されています。裁判に関わっている法人の情報により、対象となる法人がトラブルに関わっていた経歴がないか、現在関与していないか、問題がないかを確認することができます。取引先や業務委託先、提携先などの法人が関わる裁判情報を知ることで、与信管理に活用頂けます。

 

 

 

裁判情報サービス

様々なサービスで裁判情報を与信調査にご活用いただけます。

裁判情報サーチ

指定された法人名が過去に裁判事件に関わっていないかを検索できるサービスです。新規で取引・提携・投資する際の与信調査に。

裁判情報アラート

登録された法人名が裁判事件に関わっていないかを定期的に検索するサービスです。取引先などの継続的にモニタリングで、リスク管理に。

裁判情報サーチ/アラート 詳細ページはこちら

 

裁判情報APIサービス

御社のシステムとテイタンの裁判情報データベースを連携します。お使いのシステムに直接データを取り込めますので、手間をかけずに裁判に関わっている企業の情報をタイムリーに確認することで、与信材料としてご活用いただけます。

裁判情報API 詳細ページはこちら

 

その他の調査手法

一覧を見る

ナレッジ