社内不正の証拠収集

顧問先企業で、副業、横領、情報漏洩などの社内での不正がある、もしくは疑惑があるという場合、今後の対応を決めるための情報収集が必要になるかと思います。注意、解雇、裁判等の対応をされる準備としての証拠収集を、テイタンの調査でお手伝い致します。お気軽にご相談ください。

社内不正調査

  • 顧問先企業様にこのようなお悩みはありませんか?

    • 社内問題の事実を確認したい
    • 素行不良社員の行動を調査したい
    • 労働訴訟での不当な要求に対応したい
    • 退職社員の素行調査がしたい
    • 故意に消去されたPC・スマートフォン内のデータを復元したい
    • 社員が、顧客情報や営業機密を持ち出していたかどうかを特定したい

    具体的な相談例

    相談例A

    経費のごまかしにまつわる調査

    • 調査料金30万円~
    • 調査日数5営業日

    調査内容

    顧問先企業にて、支社長クラスの人物が出張として月に数回、新幹線の切符を予約し、日程が近づく頃にキャンセルしているようだとの相談があった。今後の対応策を検討するため、不正がないか調べてほしい。

    調査結果

    行動調査を実施し、換金する瞬間をビデオ撮影した。訴訟による確実な証拠となった。被調査人は月額10万円の横領を5年間続けていた。

    相談例B

    素行不良社員調査

    • 調査料金30万円~
    • 調査日数5営業日

    調査内容

    顧問先企業から、営業で頻繁に外回りに出かけているが、営業成績が上がらない社員がいるとの相談があった。社内で訪問先に行っていない、サボっているのではないか?と噂されているようで、今後の対応策を検討するため調べてほしい。

    調査結果

    行動調査を実施したところ、当該社員は営業先企業のビルに入館も、受付で記帳のみしてすぐ退出、その後パチンコ店に入ったままであり、実際に営業活動をしていないことが判明した。

    相談例C

    退職社員調査

    • 調査料金80万円~
    • 調査日数8営業日

    調査内容

    顧問先企業から、退職した社員がライバル会社に就職し、依頼会社の顧客にアプローチをかけているのではないかという懸念が生じているとの相談を受けた。今後の対応策を検討するため、当該の退職社員の現状を確認したい。

    調査結果

    行動調査を数日行ったところ、当該の退職社員がスーツ姿で依頼会社の顧客企業を訪問している姿が確認できた。

    相談例E

    デジタル証拠保全調査

    • 調査料金100万円~(案件により条件が大きく異なりますのでお問合せください。)
    • 調査日数3営業日~

    調査内容

    顧問先企業にて社内不正が発覚し、今後の対応策を検討したいのだが、当該社員が使用するPC に履歴やファイルが存在しなかった。 削除された履歴・ファイルを復元し、「社内不正の証拠」を掴みたい

    調査結果

    削除されたファイルの復元に加え、ファイルの削除日時の確認や、削除ツールの実行とそれにより削除されたファイルの調査を行い、社内不正の事実を明らかにした。

    事例インタビュー

    テイタンが実施する主な調査手法

    ※記載されている金額や期間はあくまで一例となります。案件ごとに異なってまいりますので詳細はお問合せください。

サービス