行動調査

活用場面

対象者の行動を監視したい

対象者の立ち寄り先を確認したい

対象者の居場所を判明させたい

対象者の勤務先を判明させたい

裁判の証拠となる映像の撮影をして欲しい

反社会的勢力との関連等、問題のある交際がないか確認したい

こどもがいじめにあっていないか知りたい

パートナーが浮気をしていないか確かめたい

 

 

 

行動調査とは

行動調査とは、尾行と張り込みにより、対象者の行動を確認・監視する調査です。

 

社内不正の疑いがある社員の素行調査や、取引先の信用調査などにも用います。また、男女関係や親子関係間における調査などでも活用されます。客観的な情報や、裁判にも使える証拠を掴むことも目的の一つです。

 

行動調査を行うには、時間的な余裕や技術が必要となります。

また、当事者ご自身で調査をされる場合には法的にグレーになってしまう場合もあるうえ、慣れない行為による精神的・体力的な負担、調査対象者に気づかれてしまうリスクを多くはらんでいます。

 

当社の行動調査では、ベテラン調査員が長年の実績から構築されたノウハウを駆使し、探偵業法に則った方法でプロによる調査を行います。

 

 

張り込みと尾行

行動調査では、張り込みと尾行が主となります。

 

張り込み

対象者が指定の建物からから出てくるところ、あるいは指定の場所に現れるところを見張る行為です。

張り込みには、体力や忍耐、集中力が要求されます。ターゲットが建物から出てくるまで、常に集中して監視します。行動調査の場合ほとんどの時間が張り込みで、実際に尾行している時間はあまり長いものではありません。張り込みを上手く行わないと、尾行自体が成功しないケースが多くあります。

 

尾行

尾行とは対象者を追跡し、対象者の行動、移動先、接触者を特定する行為です。

対象者が突然タクシーや新幹線に乗ったり、女性あるいは男性にしか入れない場所に入ったりと、さまざまな状況変化が起こるなか、これらに対応する瞬間的な状況判断力が必要とされます。

対象者に気付かれないように追跡するスキルはもちろん、追跡と同時に、それを逐一記録したうえで、決定的な証拠を撮影するスキルも要求されます。

 

 

行動調査の主要な手順

ご用意いただくもの

対象者の情報は多ければ多いほど調査の成功率や情報取得量は上がります。

当社の調査では、まず以下のような情報をご用意いただきます。

 

対象者の写真

対象者の住所

対象者の勤務先

対象者の移動手段に関する情報
(普段よく使う移動方法、使用車両の車種・ナンバー等) など

 

対象者の情報は可能な範囲でご提出ください。

対象者の情報は多ければ多いほど調査の情報取得量は上がります。

ささいな情報でもそれが情報取得の糸口になることもございます。

また調査によっては、基本情報・資料がないと着手できないものもございますのでご留意くださいませ

 

とは言え、全ての情報が出揃っていなくても調査が可能なケースもございます。

ぜひ一度ご相談下さい。

 

 

手順

  • Step1

    お問合せ

    まずは電話・メールフォームなどからお気軽にお問合せください。
    弊社担当者から折り返しご連絡させていただきます。

  • Step2

    担当者との面談

    弊社担当者と打ち合わせを行います。
    お客様のお話を聞かせていただいたうえで、プロによるお客様の課題にあわせた調査計画をご提案させていただきます。

  • Step3

    調査

    調査の性質上、所要時間や日数が変動する可能性が高いことをご留意ください。

  • Step4

    調査報告

    調査終了後、報告書作成のお時間を頂戴いたします。おおよそ調査後、3~5営業日で納品させていただきます。

 

 

その他の調査手法

一覧を見る

ナレッジ