ヒアリング調査

活用場面

求職者のバックグラウンド調査がしたい。

経歴詐称のある人物との取引や採用を水際で食い止めたい。

取引予定企業の信用調査をしたい。

会員の与信調査がしたい。

悪質なクレーマーに対応したい。

取引先会社が反社会的勢力でないか知りたい。

回収不能リスクの高い会社と取引したくない。

交際相手やその家族の評判を知りたい。

裁判における書類送達の際、送付先住所に実際に住んでいるのか、現状を確認したい。

 

 

ヒアリング調査とは

ヒアリング調査とは、ターゲットを知る人物や関係先機関からターゲットの情報を取得することです。

ヒアリングの対象は関係者であったり、場合によっては調査対象者本人になる場合もあります。

有用な情報を得るためには、インタビュアーの高い能力や素質が要求されます。

 

主に電話でのヒアリング、対面でのヒアリングを行います。

 

 

ヒアリングテクニック

ヒアリング相手は様々な業界や規模の企業、老若男女を問わない個人など、多種多様です。

テイタンのヒアリング調査では、ベテランの調査員による取材を行います。

ヒアリング相手や状況に合わせた、様々な取材方法を用います。情報を収集するために、時には心理学を応用したり、表情やしぐさを読んだりするテクニックを使用することもあります。

 

ヒアリング調査では、公知情報からは取得できない貴重な情報を得ることができますが、得られる情報は主観が入り混じったものであるため、情報の信頼性はまちまちです。とは言え、対象者が周囲にどのように思われているのか、どのような印象を与えているのかという点は、今後関係性を築いていく上で、一つの大きな要素になると言えるでしょう。

他の調査(データ調査、行動調査他)を組み合わせることで情報の信憑性を上げることができます。合わせてのご利用をお勧めしております。

 

 

ヒアリング調査でご用意いただくもの

ご用意いただくもの
対象者の情報は多ければ多いほど調査の成功率や情報取得量は上がります。
テイタンの調査では、まず以下のような情報をご用意いただきます。

 

対象の氏名・名称

対象者の生年月日・年齢

対象の住所

対象者の経歴・勤務先
など

 

 

手順

  • Step1

    お問合せ

    まずは電話・メールフォームなどからお気軽にお問合せください。
    弊社担当者から折り返しご連絡させていただきます。

  • Step2

    担当者との面談

    弊社担当者と打ち合わせを行い、お見積を作成いたします。
    お客様のお話を聞かせていただいたうえで、プロによるお客様の課題にあわせた調査計画をご提案させていただきます。

  • Step3

    調査

  • Step4

    調査報告

    調査終了後に報告書を作成いたします。おおよそ調査後、2~3営業日で納品させていただきます。

 

 

その他の調査手法

一覧を見る

ナレッジ