盗聴器調査

活用場面

盗聴されていないか確認したい。

社内情報がどこから漏れているのか確認したい。

ストーカー被害にあっている。

引っ越しした直後なので盗聴器がないか確認しておきたい。

 

盗聴器調査とは

盗聴器並びに盗撮機器の設置有無を御調べいたします。

基本的には無線式による盗聴・盗撮行為の確認が主体になりますが、有線式に関しては目視にて作業を行います。
また、スペクトラムアナライザにより、デジタル盗聴にも対応しております。

盗聴器は室内だけでなく、車の中に仕掛けられていることもあります。
当社では車内の盗聴器調査にも対応しております。

 

 

注意が必要なケース

!下記のようなケースに該当する方は要注意!

 

社内情報が洩れている。

会議室や応接室、役員室に仕掛けられた盗聴器からの音声により社内情報が洩れている可能性も考えられます。

 

別居している家族がいる。

盗聴器を仕掛けやすい立場であるうえ、動機も発生しやすい関係であるといえるでしょう。

 

引っ越しをした直後。

前の住人が盗聴されていた可能性があります。
また盗聴により不在時間が判明するため、空き巣などに利用されることがあります。

 

ストーカー被害にあっている。

ストーカーはあなたのことを何でも知ろうとします。
盗聴もその中の手法の1つになっているかもしれません。

 

家の電話にノイズがはいる。

盗聴器の電波により、ノイズが入ってしまっている可能性があります。
頻繁にノイズがはいるようでしたら、盗聴器が仕掛けられていることも疑ってみてください。

 

 

盗聴器調査依頼時の注意事項

※ご依頼の際には、外からスマートフォン等でお問合せください。

室内に盗聴器が仕掛けられている場合があり、調査が入ることを気づかれてしまうと電波を切られてしまい発見が難しくなることがあります。

また身近な方への相談もなるべくお控えください。
身近な人間は一番盗聴器を仕掛けやすい立場です。
万が一、その方が盗聴犯だった場合、調査日に盗聴器を外されてしまうかもしれません。

 

 

手順

  • Step1

    お問合せ

    まずは電話・メールフォームなどからお気軽にお問合せください。
    弊社担当者から折り返しご連絡させていただきます。

  • Step2

    担当者との面談

    弊社担当者と打ち合わせを行い調査日時などを決定します。
    また、調査対象地の間取り、固定電話機の数などにより調査料金を算出いたします。

  • Step3

    調査

  • Step4

    調査報告

    盗聴器及び盗撮機器の設置有無に関わらず、調査結果は報告書を作成いたします。

 

 

その他の調査手法

一覧を見る

ナレッジ