データ調査

活用場面

求職者のバックグラウンド調査がしたい。

経歴詐称のある人物との取引や採用を水際で食い止めたい。

対象者がSNSに実名や人物特定される状態で問題となる発言をしていないか知りたい。

会員の与信調査がしたい。

取引予定企業の信用調査をしたい。

悪質なクレーマーに対応したい。

取引先会社が反社会的勢力でないか知りたい。

回収不能リスクの高い会社と取引したくない。

 

データ調査とは

データ調査とは、机上で行われる調査のことです。

各種データベースの照会、新聞記事等各種メディア検索等の公表情報の確認・収集、各種図書館を利用した情報調査、各種SNSの特定や全般的なインターネット検索などを行い、調査対象に関する情報を収集いたします。

ヒアリングによる調査、調査対象者とのコンタクトは原則として行いません。

 

テイタンでは、独自のデータベースや、幅広いネット知識によって、個人では取得が難しい情報を入手します。また、独自に保有している各種の資料、図書館や各種名簿の照会などアナログ的な調査を組み合わせることで、広範に情報を収集します。

 

データ調査は個人や企業を対象に、主に与信調査や信用調査に用いられます。

 

 

データ調査のメリットと重要性

データ調査では、以下のようなメリットがあります。

 

比較的に低料金での調査ができる。

全国調査が可能。

調べていることが調査対象者にわからない。

 

また、近年ではインターネット上の情報の重要性が高まってきています。
SNS等の発達により、個人が自ら情報を発信していることも多く、調査対象者を知るうえで重要なソースになっているといえるでしょう。
ただし第三者から提供されている公知情報以外の情報は、客観性に欠けていることもあります。しかし、”本人が発信している”という事実が重要であることもあります。
時には、ヒアリング調査や行動調査と組み合わせることで、その情報の信憑性を上げることができます。

 

 

データ調査でご用意いただくもの

ご用意いただくもの
対象者の情報は多ければ多いほど調査の成功率や情報取得量は上がります。
テイタンの調査では、まず以下のような情報をご用意いただきます。

 

対象の氏名・名称

対象者の生年月日・年齢

対象の住所

対象者の経歴・勤務先
など

 

 

手順

  • Step1

    お問合せ

    まずは電話・メールフォームなどからお気軽にお問合せください。
    弊社担当者から折り返しご連絡させていただきます。

  • Step2

    担当者との面談

    弊社担当者と打ち合わせを行います。
    お客様のお話を聞かせていただいたうえで、プロによるお客様の課題にあわせた調査計画・お見積りをご提案させていただきます。

    また、対象者の情報を可能な範囲でご提出ください。
    対象者の情報は多ければ多いほど調査の情報取得量は上がります。
    ささいな情報でもそれが情報取得の糸口になることもございます。
    また調査によっては、基本情報・資料がないと着手できないものもございますのでご留意くださいませ。

  • Step3

    調査

    目的に即した調査方法を用います。

  • Step4

    調査報告

    報告書を提出致します。
    調査対象の規模や調査の深度によって納品期間は変わってまいります。
    お見積り時にご提示した期間にて報告書を納品させていただきます。

     

 

 

その他の調査手法

一覧を見る